へんてこなおよばれ | wgp6jr | sa.yona.la help | tags | register | sign in

へんてこなおよばれ

reply
仲の良い赤ソーセージ(赤腸詰)と白ソーセージ(肝臓腸詰)がいた。

ある日、白ソーセージは赤ソーセージの家に昼食に呼ばれる。行くと赤ソーセージの家の玄関は段々になっており、一段登るたびに喧嘩をする箒や怪我をした猿など、次々におかしな物と出会った。

家に入ると白ソーセージは早速、赤ソーセージに玄関のことについて聞いたが答えず、その後も何度か聞いたが、必ず赤ソーセージははぐらかしてしまう。やがて赤ソーセージは料理の出来が気になると台所へ引っ込んでしまった。

白ソーセージが玄関のことについて考えていると、突然、何かが部屋に入ってきて言った。「ここはソーセージ殺しの家だ! 早く逃げろ!」

慌てて白ソーセージが窓から外へ飛び出すと、別の窓から長い包丁を持った赤ソーセージが白ソーセージを見ながら言った。「つかまえたら、ただじゃおかないからな!」

へんてこなおよばれ - Wikipedia



意味わかんねーーーー!

posted by wgp6jr | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: へんてこなおよばれ

【グリム童話】へんてこなおよばれ

reply

これですね。ちょっと怖いかも。

posted by x2tw2s | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.